ならず者’s blog

所詮、戯言。

オリンピック

この国の首相は未だオリンピックを「強行する」と言っている。

 

もうこの期に及んで、この国のお粗末なコロナ感染症対策のせいで、連日、死者も重病者もあとを絶たず、生活が追い込まれている人も、それに関連する自殺者も急増していると思われる様相で、オリンピックをすると宣言できるのだから、これは「開催する」ではなく、無茶でも「強行する」という意味となるだろう。

 

訳知り顔でオリンピックを開催すべきだとか、オリンピック出場選手の気持ちも考えろとか伝える人たちがいる。どこまで浅はかなんだろうか?

 

「いのち」に対する想像力が、この国全体から失われつつあるのだと思う。

この国のそれはもう、過去のものであるかのような扱いだ。

「いのち」より大切なものはあるんだろうか?

 

陸上のオリンピック代表選手、新谷仁美さんがこのままの状況下でのオリンピック開催に苦言を呈したそうだ。

私は彼女の意見が至極まっとうであると思う。

何故彼女のような人が少数派として感じられる現状があるのだろう?

 

他のオリンピック出場選手や関係者、そしてメディアは声高に何も意見していない。

何故自身の言葉を発しないのだろうか?

出場選手にとって人生を懸けている大会であるならば、きちんと自分の言葉で発するべきだ。

人生を懸けているのだから、目一杯、自身の想像力を働かせて、意見を考えるべきだ。

メディアは選手や識者ばかりに意見を求めるのではなく、自らその役割を果たすべきだ。

あなた方の使命は、人間の不正義を監視することに人生を懸けることだろう。

今のメディアの有様はあまりにも無様で愚かに過ぎる。

 

オリンピックが無償で開催できるものではないことは誰もが知っている。

その殆どの費用は公費で賄われる。

今こうして賛否両論がある中、続けられている聖火リレーも費用がかさんでいる。

そして、オリンピック開催は金を生む。

だから、開催に必死な人たちもこの国には多い。

お金に目が眩んだ人たちが群がる現実があることは周知のことで、元々が綺麗事ではなかった。

 

私はこの国の権力者たちは大方、オリンピックが開催できないことを理解していると踏んでいる。

でも、それをギリギリまで強行すると主張し続けるであろうと思う。

強行すると言い続けることで、お金が潤う人や団体や企業があるからだ。

 

人生を懸けている人は生きることに必死な人、皆が当て嵌まるのではないのだろうか?

今、死を彷徨う人、生活に苦しむ人、それを懸命に手を差し伸べようとする人たち。

彼らは人生を懸けて生きる人から除外されていはいまいか?

公文書偽造で苦しんで自死した人がいる。

外国人収容施設で不審死した女性がいる。

 

見たくないものを見ないようにする生き方を選択して、地に足の付いていない、自分だけで思い描いた作り物の世界の中に閉じこもっているだけ。

それが人生だと、多くの人間が思っている社会。

 

ここ数日、それでも実際にオリンピックを強行するのではないかと思えて怖くなってきた。

本当に実行するならば、この国は早晩、終末を迎えるだろう。

それは自明なはずだ。

「いのち」に対する想像力を失った国に、進む道は途絶えてないからだ。

 

「いのち」より大切な、人生を懸けるものはあるんだろうか?

答えは簡単だろう。

そんなものは、間違いなくない。